適性評価

新しい情報をどれだけ早く習得できるかがわかれば、その人材の採用判断がしやすくなります。また、その人材向けの育成プログラムを構築できるようになります。

適性評価

新しい情報をどれだけ早く習得できるかがわかれば、その人材の採用判断がしやすくなります。また、その人材向けの育成プログラムを構築できるようになります。

  • 訓練を通じて育成方法を理解する
  • 従業員に十分なやりがいが与えられていることを確認する
  • 変化を推進するスキルを持つ、潜在的なリーダーを特定する
  • 心のゆとりを測定する

デモをリクエストする

 

GIA video thumbnail resized

トーマスの適性評価

誰かが新しい役割や体制を理解するのにどれくらい時間がかかりますか?General Intelligence Assessment(GIA)は、正確な予測を提供する認知能力評価です。

知覚速度適性テストの仕組み

General Intelligence Assessment(GIA)は、論理的思考、知覚速度、数字の処理速度および精度、語彙力、空間の視覚化能力の5つの主要分野で個人の適性を測定します。

5つのオンライン評価

GIAは、論理的思考、知覚速度、数字の処理速度および精度、語彙力、空間の視覚化能力の5つのオンライン評価で構成されています。

細かな理解

従業員の精神的能力と、新しい役割/体制をどれだけ迅速に把握できるかを詳細に理解します。

一般知性を理解する

全体のパーセンタイルは、トレーニング、精神処理速度、集中力、および出世コースに入る可能性に対する回答に焦点を当てていますが、受験者の一般的な知性の推定値です。

General Intelligence Assessment Report

評価情報

評価タイプ: 適性

フォーマット: 5つの評価

可用性: 25ヶ国語以上

完了する時間: 30-45 minutes

必要なトレーニング: GIA認定

バリデーション: 英国心理学会(British Psychological Society)に登録され、心理士協会欧州連邦(European Federation of Psychologists’ Associations)によって確立された技術標準に照らして監修されています。

トーマス・インターナショナルのGIAがなければ、私たちは今日の私たちの居場所にならないでしょう。これらの評価が提供するフィードバックは非常に貴重です。

- コマーシャルマネージャー、サイモン・バスティン・ミチェル
Silverlake_Logo

トーマス・インターナショナルのGIAがなければ、私たちは今日の私たちの居場所にならないでしょう。これらの評価が提供するフィードバックは非常に貴重です。

- コマーシャルマネージャー、サイモン・バスティン・ミチェル
Silverlake_Logo
Silverlake_Logo

トーマス・インターナショナルのGIAがなければ、私たちは今日の私たちの居場所にならないでしょう。これらの評価が提供するフィードバックは非常に貴重です。

- コマーシャルマネージャー、サイモン・バスティン・ミチェル

背景と理論

General Intelligence Assessment(一般知性評価、GIA)は、プリマス大学 Human Assessment Laboratory の Peter Dann 博士によって15年の歳月を重ねたのちに開発されました。Thomas は2006年に GIA を製品スイートに統合しました。

知能とは、流動的であり明確的でもある要素を持っていると定義されています(1966年、ホーンとキャテル):

流動的知性(純粋処理速度)抽象的概念、一般化、論理的関係を扱う基本的な知的プロセス(Carroll,1993)。流動的知性は、新しい問題を解決する、新しい状況でロジックを使用する、パターンを特定するなどに使用されます。固定的な知性(学習要因)言語的、機械的、数値的能力など。固定的知性は、学習した知識と経験を活用する能力です。

GIAとは、キャロルの認知能力要素「g」と呼ばれる一般的知能(サピアマンら、精神行動の一般的要素)の分類学によって設計され理論の裏付けがされた知能評価です。しかしGIAは、基本的認知能力(知的速度や口頭議論など)を測ることで、宣言的知識ではなく手続的知識、そして流動的知能が分かります。この評価は、「IQ」ではなく「教育可能性」と呼ばれています。この評価は、「IQ」ではなく「教育可能性」と呼ばれています。

GIAでは、個々人の情報処理速度と新しい技術の習得や向上に注目します。一般化知能評価は、人事や研修の特定、キャリア手引きや後継者計画、検査項目など、さまざまな目的に使用されます。

GIAは元々、イギリス陸軍採用バッテリー(BARB)として軍の認知能力と訓練可能性測定の手段として開発されました。GIA開発が進むにつれて、ヒューマン・アセスメント研究所はコンピューター技術の潜在能力を使って項目生成の調査や開発し、これによって非常に多数の異なりながらも同じレベルの試験項目が自動生成出来るようになりました(1990年、アーバイン、ダン、アンダーソン)。紙ベースバージョンと同様に、GIAはBARB と同じ原理と性質から開発されました。トーマス・インターナショナルは紙ベースバージョンを1993年ににプロダクトスイートへ、そして2006年にGIAへと統合しました。

Thomas International General Intelligence Assessment

Thomas International HTPI behavioural assessment

知覚適性検査の形式

General Intelligence Assessment(一般知性評価)は、単純な認知能力(思考、言語運用、意思決定、学習、記憶などのプロセスに依存する能力)を測定する5つのオンラインテストで構成されています。

5つのテストのそれぞれに1種類の課題があり、全ての問題の難易度は全て同じです。それぞれの点数は、回答の速さと正確さによって決まります。テストの点数が出ると、それはサンプル集(標準グループ)と比較され、低いか高いか、または同じぐらいなのかの判断がされます。

全体の点数は「トレーナビリティ」を測るものではあるものの、5つのそれぞれのテストは、特定分野の認知知能を指標になります(詳細は以下より)。

理解速度: このテストでは、書き物、数字や図表の間違い認識、不適切な情報を無視することや類似点や相違点認識する能力、そして誤りを確認する能力を測ります。これはセマンティックコーディングと比較の速さを検査します。

推論的思考: このテストでは、推論する能力や提示された情報から推理する脳力、正確な結論を提示出来る能力を測ります。情報を短期記憶し、問題解決する能力を判断します。

数字の処理能力と正確さ: このテストでは、数字操作や基本的な数学的思考力を測ります。これによって、定量的概念を持ってどれぐらい困らずに働けるかが分かります。

空間可視化: このテストは、頭の中にあるイメージを発想して操作する能力を測ります。このテストは機械的推論テストに関連しており、個人の空想視覚化力で形を比較する能力を評価します。これは、課題を理解して実行する視覚化スキルが必要とされる環境に関連した能力です。

語彙力: このテストでは、単語の知識や語彙を判断します。違う言葉から多数の単語の理解力と類似または相違した意味を持つ単語を特定する能力を測ります。書面や口頭での指示をきちんと理解して職場環境で働ける能力を査定します。


信頼性と有効性

Thomas PPA は、心理的評価としての信頼性と有効性を確認するために、厳密な科学的試験を受けています。さまざまな調査研究により、GIA は一貫性のある有効なトレーナビリティーの指標であることが示されています。

PPA は英国心理学会(BPS: British Psychological Society)に登録され、心理士協会欧州連邦(European Federation of Psychologists’ Associations)の一部である European Standing Committee on Tests and Testing によって確立された技術標準に照らして監修されています。

TEIQue Reliability and Validity

Thomasのソリューションを使用している何千もの企業と同様に、従業員の最高の能力を引き出しましょう。