高潜在性特性尺度(HPTI)

個人の性格特性と特定の役割または役職にどの程度適しているかについて、包括的な見解を得ましょう。

  • 将来有望な人材を上級職に育成して雇用を維持する
  • リーダー間のチームワークを強化する
  • リーダーシップ育成計画の作成とサポート
  • 後継者育成計画の通知
  • 強力なリーダーシップを創出して従業員の信頼を促進
  • 新卒者を確実に採用する

デモをリクエストする

 

HPTI video thumbnail V2

トーマス高潜在能力指標(HPTI)

Thomas High Potential Trait Indicator(HPTI)は、個人の人格特性を調査することでリーダーシップの可能性を識別するのに役立ち、特定の職務またはポジションにどれだけ適しているかについての洞察を提供します。

高潜在性特性尺度(HPTI)の仕組み

従業員の長所を強化し、従業員が自分にふさわしい役割を十分に発揮できるようにします。

簡単な評価

HPTI は単純な評価ですが、これを完了することにより、個人の潜在能力に関する包括的なレポートを取得できます。

詳しい報告書

HPTI を使用すると、さまざまな性格が特定の機能または役割とどのように関連しているかを理解できます。この知識を活用することにより、従業員の長所を伸ばし、改善すべき領域を特定できます。

スコアに良し悪しは存在しない

HPTIでは、テストの高得点を「良い」、低得点を「悪い」と解釈することはできません。ここで大事な点は、どんなスコアの組み合わせでも、その人が好むリーダーシップのスタイルを表しているということです。「最適」のゾーンでないからといって、リーダーになれないという意味ではありません。

High Potential Trait Indicator Report

評価情報

評価タイプ: リーダーシップ

フォーマット: 78の質問

可用性: 25ヶ国語以上

完了する時間: 8分

必要なトレーニング: HPTI認定

バリデーション: HPTI は、数千人が参加し、高度な統計的手法の対象となる取得データを使用した心理測定研究に続き、職場での採用に対して広範囲に検証および最適化されています。


HPTIは、高度なスキルと経験を積んだ人材であるシニアチームメンバーにとって、次に進むべき場所についての会話を明確にするのに役立ち、リーダーシップアクションプランを策定するのに役立ちました。

- 学習および開発マネージャー、ミカエラ・ディーガン
Johnsons_Logo_Sml

背景と理論

高潜在能力特性評価テスト(HPTI)は、2006年に Ian MacRae と Adrian Furnham によって開発されました。

HPTI は「最適性モデル」に倣ってデザインされたテストです。個人の性格特性には、上級管理職といった特定の職務や役職に「最適」なレベルがあるという前提で作られています。

HPTI は、良心、適応性、好奇心、リスクに対するアプローチ、両義性、受容能力、競争力を測定します。

個人の反応は、「低い」「適度」「最適」「過剰」で構成される6つの連続する特性の中でどこに位置するかとして反映されます。性格特性が多すぎても少なすぎても、それぞれメリットとデメリットがあります。特定の特性レベルは、成功する可能性が高いことを示したり、それがなければ成功していた人を挫折させる可能性のある特性を示します。

HPTI Theory

Hpti new look assessment on laptop and mobile

フォーマット

Thomas の HPTI は、自動採点型テストです。受験者は、78個の固有の項目において、1~7のリッカート尺度(1は「全く同意しない」、7は「完全に同意する」)で同意の程度を示します。HPTI の所用時間はたったの8分です。


信頼性と有効性

HPTI は、研究プログラムを通じたエキスパート、専門家、実務家との協力、および University College London と High Potential Psychology Ltd の研究者との連携により、長年にわたって開発されてきました。

HPTI は、数千人が参加し、高度な統計的手法の対象となる取得データを使用した心理測定研究に続き、職場での採用に対して広範囲に検証および最適化されています。

Thomas International accredited research driven personality tests

Thomasのソリューションを使用している何千もの企業と同様に、従業員の最高の能力を引き出しましょう。